かわた鍼灸院

秋の過ごし方

秋は厳しい残暑がやっと終わり、さわやかな季節となります。

体も少しホッとする時期です。

今回は、秋の過ごし方をお話しします。

 

□ 秋の過ごし方

秋は、少し涼しくなって、かえって夏の疲れ―エアコンによる冷え、

冷たい物の取り過ぎによる消化器の疲れ、旅行などレジャーによる疲れ―

などが出る時期です。

また、朝夕の冷え込みで、ぎっくり腰や寝違いなどの起きやすい時期です。

 

 □ 疲れを感じたら

とにかく、休んでいただくことです。

「なんだ・・・」と思われるかもしれませんが、

いくら良い治療をしようが、良いものを食べようが、

それを活かす体の力がなければ、何もなりません。

そして、温かいお風呂に入り、温かい物を摂って体を温めていただく。

それでもなお、疲労感や冷えが取れない場合は、鍼灸をお勧めします。

この時期に、鍼灸で夏の疲れを取っておくと、

秋から冬にかけての寒さもこたえにくく、

風邪やインフルエンザにもかかりにくくなります。

 

 □ 鍼灸で体のお手入れを!

夏の疲れによる易疲労、食欲不振などは不定愁訴といわれ、

西洋医学では原因が分からず、なかなか治りにくいものです。

しかし、東洋医学=鍼灸では、冷えや疲労など、

体のツボ(経穴)に現れる変化を診ることで治療していきます。

そのため、未病(検査では変化の現れない状態)を治療できるのです。

 

 □ 気候の変化に備えよう!

近年、気候の変化が激しくなり、体調を崩す方も多くなっています。

余力があれば、多少の変化にも対応できます。

鍼灸で体のお手入れをしっかりして、気候の変化に備えましょう!

 

 茨木・吹田・摂津・高槻方面より至便。一度お電話下さい。

 



《院長からのコメント》

一覧へ戻る

お問い合わせはこちら

よくある質問

出張治療

体験教室くわしくはお問い合わせください

インスタ

お問い合わせはこちら

よくある質問

出張治療

体験教室くわしくはお問い合わせください

インスタ

ページトップへ